スポンサーリンク

スペイン語でデートに誘う方法

いつも職場や友だち仲間で会っていても、電話やチャットで連絡を取っていても、恋する人と二人きりでデートとなると緊張するもの。そんなドキドキもたまらないですね。

誘うところからデートは始まっていますよ。スマートに誘って二人の仲を深めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




まずは脈があるかどうか?

Vamos a comer juntos
(バモス ア コメール フントス)
「一緒に食事に行こう」

や、

¿Puedes salir conmigo?
(プエデス サリール コンミーゴ)
「デートしてくれる?」

で相手に自分とデートする気があるかどうか見極めましょう。このあたりは日本と同じですね。

ちなみに後者のフレーズは「つき合ってくれる?」という意味になることもあるのでちょっと注意しましょう。

具体的に誘ってみよう!

さあ相手の反応がよければデートの日時を決めましょう。

Quiero verte mañana
(キエロ ベールテ マニャーナ)
「明日キミに会いたいな」

と直球で言ってみたり、

¿Estas libre este domingo?
(エスタス リブレ エステ ドミンゴ)
「今週の日曜日空いてる?」

と聞いてみましょう。待ち合わせ場所と時間は

Nos vemos en el parque a las 10
(ノス ベモス エン エル パルケ ア ラス ディエス)
「公園で10時に会いましょう」

というふうに決めます。

Voy a llegar a su casa a las 10
(ボイ ア ジェガール ア ス カサ ア ラス ディエス)
「キミの家に10時に行くよ」

でもいいですね。これでデートの約束完了!当日が楽しみです。

楽しいデートの後に

忘れてはいけないのが、家へ帰ってからの電話やメール。これも日本と同じですね。

Fue muy agradable comer contigo
(フエ ムイ アグラダブレ コメール コン ティーゴ)
「キミと食事できてとても楽しかった」

や、

La pasé muy bien a tu lado
(ラ パセ ムイ ビエン ア トゥ ラド)
「キミといっしょに過ごせてとても楽しかった」

と感謝と喜びをストレートに伝えましょう。

ラテン系のデートはいっしょに時間を過ごすこと

スペイン語,デート,誘う

ラテンの国々では、大切な人といっしょに過ごす時間そのものに価値があると考える人が多いようです。なので、デートといっても何か特別なことをしたり、お金をたくさん使う必要はありません。

遠くへ出かけなくても、自宅に招いてランチを一緒に作る、公園でコーヒーを飲む、そんなさりげないデートも素敵ですね。