スポンサーリンク

スペイン語で「結婚してください!」プロポーズするときのフレーズ

恋人と将来を約束するときが近づいてきました。お互いそれを感じているとはいえ、いざプロポーズとなると、タイミングや雰囲気など多くの条件が関わって難しいものですよね。

人生でいちばん幸せな瞬間を彩るために、今日はプロポーズの表現をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




直球勝負「結婚してください」

Quiero casarme contigo
(キエロ カサールメ コンティーゴ)

は「私はキミと結婚したい」という意味で、直接的で情熱的なフレーズです。自信がなかったり迷ったりした時はこれで決まりです。

ちょっと控えめに「私と結婚してくれますか」

¿Quieres casarte conmigo?
(キエレス カサールテ コンミーゴ)

直訳すると「私と結婚したいですか?」ですが、意味としては「私と結婚してくれますか?」となります。自然にやわらかく礼儀正しく聞こえますね。

他にもいろいろバリエーション

¿Quieres ser mi esposo/esposa?
(キエレス セール ミ エスポーソ/エスポーサ)
「私の夫/妻になってくれますか?」

や、

Eres mi media naranja
( エレス ミ メディア ナランハ)
「キミは私のオレンジの片割れ(=理想の伴侶)です」

といったフレーズでもプロポーズできます。「Media naranja」はちょっと気取った感じになりますけどね!

こんな風にプロポーズの言葉はいろいろ。万人受けするフレーズでなくても、二人の思い出になるようなオリジナルのプロポーズができれば素敵ですね。

プロポーズの返事は?

「はい!結婚します!」という返事はすでに表情で伝わっているかもしれませんが、せっかくなのでしっかり言葉に出して返事してみましょう。

プロポーズを承諾する返事は、

Con mucho gusto
(コン ムーチョ グスト)
「喜んで!」

です。そして

Estoy feliz
(エストイ フェリス)
「幸せです!」

と付け加えるといいですよ。

入籍にこだわらないのもラテン風恋愛

スペイン語,プロポーズ,結婚

ラテンの国々では同棲のカップルが多く、子どもがいることもめずらしくありません。喜びや苦労を共有するのが家族だと考え、日本ほど入籍にこだわらないようです。

ですから、プロポーズも焦ることはないのかもしれません。何よりじっくり二人の絆、家族の絆を深めることが大切なのですね。