スポンサーリンク

「携帯電話の番号教えて!」相手の連絡先を聞くためのスペイン語フレーズ

毎日会いたい!会えなくてもせめて声が聞きたい!恋をすると相手のことが気になって気になって・・・というのは日本でもラテン世界でも同じ。

連絡先の交換は恋愛初期の大事なステップです。今回ご紹介する表現で気になる相手の連絡先をゲットしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Dar(ダ―ル)とRegalar(レガラール)で何でもゲット

Dame tu número de teléfono
(ダメ トゥ ヌメロ デ テレフォノ)

Regalame tu número de teléfono
(レガラメ トゥ ヌメロ デ テレフォノ)

という表現が便利です。どちらも直訳すると「私にあなたの電話番号をください」ですが、これは「教えてください」という意味になります。

「Regalar」のほうが少し丁寧で、仕事などで相手に連絡先を聞くときにも使えますし、「電話番号」を「nombre(ノンブレ)」「名前」に変えたり「dirección(ディレクシオン)」「住所」に変えたりして、相手からいろいろな情報を聞き出すことができますよ。

電話番号の数字、どう伝える?

ところで、スペイン語での電話番号の読み方は日本と少し違います。

日本のように1文字ずつ言っても一応通じるのですが、普通は2桁ずつに区切って読みます。たとえば「847596」ならば

84(ochenta y cuatroオチェンタ イ クワトロ)75(setenta y cinco セテンタ イ シンコ)96(noventa y seis ノベンタ イ セイス)

という風に。この言い方は慣れない日本人には難しく、相手がせっかく電話番号を教えてくれても聞きとるのに一苦労!

男性のみなさんはぜひがんばって聞き取ってください。

女性のみなさんは大丈夫、裏技があります。相手の電話番号を聞かなくても、自分の番号を教えた後に

Espero tu llamada(エスペロ トゥ ジャマダ)
「あなたの電話待ってるよ」

とだけ言っておけばいいのです!

勇気を出して電話でアプローチ!

「携帯電話の番号教えて!」相手の連絡先を聞くためのスペイン語フレーズ

相手の顔を見て話すのと違って、電話でスペイン語を話すのはとっても緊張します。電話が終わった後に汗びっしょりなんてこともよくありますが、ぜひチャレンジしてみましょう。

うまく話せなくても大丈夫。次に会ったときに、「あの日の電話、ホントはこう言いたかったの」そんな会話をすることも、恋する人となら素敵な時間になること間違いなしです。