スポンサーリンク

「ラインやってる?」SNSでつながるためのスペイン語フレーズ

恋する人と毎日電話でおしゃべりするのは幸せな時間ですが、こちらスペイン語勉強中の身としてはちょっと疲れてしまうこともありますね。

そんなとき、ラインやワッツアップ、フェイスブックメッセンジャーなど、チャット機能でのコミュニケーションはとてもありがたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




まずはつながる!

Tienes Facebook(ティエネス フェイブッ)
「フェイスブック持ってる?」

Facebookは英語の綴りのままですが、スペイン語圏の人が読むと「フェイブッ」と聞こえます。そして次の質問は

Como parece?(コモ パレセ)
「どんな風に見える?」

写真や名前を含めプロフィール画面の詳細(どんな風に見えるか)は、アカウントを探すためによく聞かれます。

ミドルネームなど日本人より長い名前を持つラテンの人々の場合、登録名が普段の呼び名と違うこともよくあります。こちらからもしっかり質問しておきましょうね。

Me gusta!(メ グスタ)「いいね!」でつながる!

フェイスブックで友だちになったら、相手の投稿に

Me gusta!(メグスタ)
「いいね!」

やコメントをしてみましょう。ラテンの人たちは自撮り写真や家族の写真をアップするのが大好き。

食べ物や景色だけをアップすることはほとんどなく、必ず自分や家族が入っています。仲良くなった人の投稿を見つけたら「Me gusta!」やコメントで盛り上げましょう。

チャットを楽しむ!

チャットなら、電話よりゆっくりコミュニケーションができます。会話の文章がテンポよく文字として現れるのはスペイン語の勉強にもぴったり。

いくつかチャット独特の表現もありますので、よく使うものを2つ紹介しますね。まずは

jajaja(ハハハ)

という表現。日本語での(笑)と同じ意味ですが、笑い声で表現されていますね。あとは手紙の最後などでもよく見かける「TKM」、なんだか分かりますか?

Te quiero mucho(テ キエロ ムーチョ)
「大好きだよ」

の頭文字をとったものです。正確には「TQM」なのでしょうけど、「TKM」と書くことが多いようです。

SNSで愛情表現の幅を広げよう

ライン,SNS,スペイン語,つながる

チャットはとっても便利!会話の途中で写真や動画を送って楽しんだり、声が聞きたければボイスメッセージを送ることもできます。

また会話を後で読み返せるのもうれしいですね。SNS、チャット機能を使ってどんどん愛情友情を深めていきましょう!